包茎は性病になりやすいのか?『性病の種類や包茎の治療法』

包茎が原因で性病になるのか?

包茎の人は性病になるのではないかと不安を抱えている人も多いことでしょう。また、包茎だから性病に罹りやすいのかどうか?そういった事も気になっている人は多いのではないでしょうか?

 

お医者さん

 

結論として、包茎と性病には絶対的な因果関係はありません!しかし、性病に罹るリスクが高いのは事実です。

 

包茎の人が罹りやすい性病とは?

包茎の人は亀頭が覆われている為に不潔になりやすく、また刺激にも弱い為に性病等に感染しやすいと言われます。
人によっては包茎は細菌の溜まり場だと表現するくらい、意識して清潔にしないと不潔になってしまいます。以下に包茎の人がなりやすい性病をご紹介します。

 

亀頭包皮炎(きとうほうひえん)

亀頭が腫れてしまったり、が出たりする病気、性行為の有無に関わらず、ペニスが不潔になることで起こりやすい病気として知られています。包茎の人に多い性病です。

尿路感染症(にょうろかんせんしょう)

亀頭包皮炎の延長と言われるくらい、セットで起こりやすい性病です。亀頭や包皮に繁殖した細菌が尿路に侵入して、そこでも炎症を起こしてしまう性病です。小用を足す際に痛みが起こります。

尖圭コンジローム(せんけいこんじろーむ)

亀頭やペニス、肛門など、至る所に出来るカリフラワー状のイボイボです。先端が尖って鶏のトサカのようになっているため、このような名前が付けられています。痛みやかゆみは出づらく、自覚症状が少ない性病です。別の病気を誘発する特性もあり注意が必要な性病です。コンジロームは性行為により感染します。フォアダイスと混合しやすい病気です。

性器ヘルペス(せいきへるぺす)

亀頭などに水膨れの水泡が出来る病気です。赤い発疹だったりします。包茎の人に多い性病として知られています。普段、皮を剥くことが出来ない真性包茎の人などが手術で剥くと、ヘルペスに罹っている事が多いそうです。

クラミジア(くらみじあ)

クラミジア菌の感染によって、尿道から膿が出てくる性病です。軽い発熱や痛みを起こすこともあります。

 

包茎の治療は専門クリニックがお勧め|口コミと評判が良い包茎クリニック

 

包茎の人向けの矯正器具なども販売されていますが、医学的根拠に基づく治療が最も効果的です。包茎の治療を考えている人の為に、実績が豊富で大手の包茎専門クリニックをご紹介します。上記であげたような亀頭のブツブツ除去なども同時に行う事が可能です。

 

上野クリニック

包茎手術で知名度No.1と言えるのが上野クリニックです。雑誌やテレビCMなどで一度は上野クリニックの広告を目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

上野クリニックには性病科があります。他の包茎クリニックと違い、性病全般(淋病、尿道炎、コンジローマ、性器ヘルペス、トリコモナス、梅毒、エイズ、カンジダ、クラミジア、毛じらみ、B型肝炎)に渡って検査や治療が可能だという点で上野クリニックには優位性があります。また一般の病院と違い自由診療となりますので、誰にも知られることなく性病を治療することが可能です。

 

性病治療だけを目的とする人も、包茎手術だけを目的とする人も、また性病と包茎の両方をまとめて治療したいと考えている人も、いずれも上野クリニックがお勧めです。無料のカウンセリングが実施されていますので、お近くの上野クリニックに予約を入れて足を運んでみると良いでしょう。

 

包茎を誰にも知られずに治療できる大手のクリニックとして東京ノーストがお勧めです。全国規模の男性専用のクリニックですので、もしも転勤などになった場合でも主要都市にあるため融通が利きやすいです。

 

包茎の治療費も何十万とかかるクリニックが多い中、70,000円〜と安く抑えられているところが人気の秘訣です。安いから治療が雑なのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、ノーストの場合は別です。

 

他院にお手本とされる治療技術を持つ、男性器治療のスペシャリスト医師による綺麗な仕上がりも重視した包茎治療には定評があります。クリニック数が圧倒的に多く、通いやすいのも人気の秘訣です。

 

横浜で包茎手術をご検討されている方には、横浜中央クリニックもお勧めの病院です。こちらも包茎と亀頭のイボイボ除去なども一緒に治療が可能です。25年以上の実績と院長自らが執刀する安心感が長年高い評価を得ています。

 

包茎が原因でコンジロームという性病になることもある

 

コンジロームとは、パポバウイルスが原因となっている性感染症であり、包茎であることが原因の一つとされています。包茎の人は、亀頭に粟粒大ほどの赤いブツブツが出来やすく、コンジロームという性病だと診断されることが多くあります。一見、自分は大丈夫だと考えてしまう人もいますが、今は症状が出ていないだけであり、今後の事を考えて手術などの検討をしてみてはいかがでしょうか。

 

また、コンジロームがきっかけとなり包茎手術をされる方も多くいます。治らない病気ではありませんが、大好きな女性にうつさないためにも早めの治療だけではなく、早めの予防に気をつけてみましょう。性病ばかりを気にしてしまうのもよくありませんが、自分一人だけの問題ではありませんから、真剣に考えるようにしなければなりません。

 

性病というと差別されがちですが、誰にでもなる可能性があると意識して、泌尿器科などのある病院や美容クリニックへの早めの相談をおすすめします。コンジロームに似たフォアダイスという生理的な現象もあります。この除去をするためにも美容クリニックで診察を受ける人が多いです。

 

ヘルペスは包茎の人がなりやすい病気の一つです!

 

傾向の問題ですが、包茎の人はヘルペスになりやすいとされています。皮の裏にバイキンなどが溜まりやすくなっていて、それによってなりやすい病気とされているのです。包茎の人が手術などをする理由の一つに、ヘルペスなどの性病を防ぐためでもあります。見た目上の問題だけではなく、こういった性病への感染リスクを少なくすることも重要なのです。

 

包茎の人がなりやすいヘルペスは、性交によって感染する病気の一つです。痛みのある水疱ができ、発熱や、けん怠感、排尿痛なども発生しますが、非常に個人差のある病気の一つで、全く症状を感じない人もいます。ペニスに痛みを感じるというよりも、少しの違和感程度でしか感じることがなく、病院への相談も恥ずかしいからといって、そのままにしている人だっています。

 

性病については、相手の女性に対してもリスクになります。本当に好きな人、愛している人がいるのであれば、少しでも違和感を感じたら病院へ相談に行きましょう。この際は泌尿器科での診断となります。